決済審査項目とは?(参考)
ホーム > 決済審査項目とは?(参考)

決済審査項目とは?(参考)

決済審査項目とは?(参考)

審査結果によっては、決済サービスまたはご希望の決済手段をご利用いただけないことがあります。

決済サービスを探す前に下記の項目をチェックする必要があります。


決済審査項目


必須:条件を満たしていない場合、審査が通過しない

条件必須:条件を満たしていない場合、一部クレジットカードやコンビニにおいて審査が通過しない場合がある

※下記は参考となります。


◎サイトについて審査項目

・必須

特定商取引に関する法律に基づく表記がある  

許認可が必要な商材について、サイト上で許認可の名称・番号などの表記がある  

取扱が禁止されている商品が販売されていないこと  

取引商品を合計6品以上、出品されている(オークション商品は、商品審査の対象外となりますので、固定価格の出品をお願いします)  

商品情報として、商品名、商品画像、販売価格、商品説明書(簡易なものでOK)の確認ができる

・条件必須

申込書記載の「主な取引商品」が複数ある場合は、それぞれが1品以上出品されている

 


◎クレジットカード決済の審査項目

・必須

決済にかかる手数料を購入者に負担させない

・条件必須

B to B(法人間)のお取引や役務(サービス)提供の決済には利用しない



◎コンビニ決済の審査項目

・必須

化粧品、健康食品(サプリメント等)においては成分、製造元の記載があ る

オンライン決済以外(FAX・電話・メールでの注文)の注文には利用し ない

決済にかかる手数料を購入者に負担させない

加盟店様に在庫がない産地直送品や受注生産、メーカー直送品の決済には 利用しない

海外への発送には利用しない

 

◎取り扱いできない商品 参考例

1.覚せい剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、毒物、劇物

2.わいせつ物、ポルノ、児童ポルノ、アダルトグッズ、ヌード写真、アダルトビデオ、アダルトゲーム、ブルセラ

3.鉄砲、刀剣類、武器、火薬類、化学兵器、毒性物質、サリン

4.売春、児童買春

5.賭博、富くじ

6.無限連鎖講、マルチ商法

7.偽造された通貨、有価証券、公正証書(免許証、旅券などを含む)、文書、電磁的記録

8.窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任その他の犯罪により入手した商品等

9.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他の他人の権利を侵害する商品等

10.コンピューターウィルスを含むソフトウェア

11.人体及び人体の一部

12.個人情報、営業秘密その他一般に公開されていない情報

13.犯罪その他の法令違反行為

14.その他取引することが法令に違反する商品等

15.商品券・プリペイドカード・印紙・切手・回数券その他の有価証券・金地金(但し、個別に当社及び決済事業者の承認を得た場合を除く)

16.会員が自ら提供するコンピューターゲーム以外のコンピューターゲーム内において使用するアイテム等のデジタルコンテンツ

17.生き物(条件付き)