ネットショップ開業の基本知識(法人)
ホーム > ネットショップ開業の基本知識(法人)

ネットショップ開業の基本知識(法人)

◎開業に向けてなにをしなければならないか?


・事業計画(売上目標など)の作成

 まずは事業構想を策定します。

1.予算(初期予算、毎月ランニング予算)

2.社内スタッフ人件費試算

3.売上目標設定



・事業コンセプト作成

1.何が売り・魅力的なショップにしたいか⇒他社との差別化

2.ターゲットの選定

3.必要不可欠な機能の洗い出し


・ネットショップオープンに向けた準備

1.サーバ契約とドメイン取得の準備

・ドメイン・サーバの準備が不要なケース

「モール型ショッピングサイト」に出店する場合や「レンタルショッピングカート」を利用する場合は、既にあるサイトの中にネットショップをオープンするためドメイン・サーバの準備は特に必要ありません。ドメインにおいては利用する「レンタルショッピングカート」や「モール型ショッピングサイト」のドメインになり、サーバも用意されています。

・ドメイン・サーバの準備が必要なケース

サーバをサーバ業者からレンタルする場合、一緒にドメイン取得も依頼することが一般的です。ドメインとサーバを別々に手配する場合、ドメインの取得は「ドメイン取得代行会社」に依頼します。また、ネットショップの制作を制作会社に依頼する場合は、ドメイン・サーバの準備も同時に頼めることが多いです。


2.ネットショップ構築システムの検討 ~売上目標と予算のバランス別3タイプ

①専用にカスタマイズした高機能なネットショップ

EC専門の業者にコンサルティング・制作・構築を依頼することで最も使いやすく、売れるネットショップを作成できます。

②EC-CUBEなどのカートを利用する、標準的なネットショップ

インストールすればネットショップに必要な機能が一通り備わっているネットショップ構築システムを導入します。

③ショッピングカートのレンタルを利用するネットショップ

必要最低限の情報入力と、・説明文・商品画像を入力するだけで、手軽にネットショップを開業することができます。


立ち上げを外部業者に委託しないで社内制作する場合は、利用事例が多いものを選ぶのがオススメです。


3.ネットショップ制作の委託先を決定

①~③どのタイプでネットショップ構築をするか決定したら、すべて社内制作する場合以外は、「制作の委託先」を選定します。

制作会社には、上記の「事業計画」「事業コンセプト」といくつか利用したいネットショップ構築システムの候補を決めてから相談すると、具体的な提案やアドバイスが得ることができます。委託業者によって、「多機能なカスタマイズが得意な会社」「デザインに優れている会社」「マーケティングに強い会社」様々な特長がありますので、御社の目標とするネットショップにあった強みをもった会社を探します。

また、ネットショップのシステム構築以外にも、立ち上げ時に多くの商材撮影が必要になるなど手間が大きい作業は、外部制作会社への委託を検討します。


4.決済システム ~お客さまのニーズにあった利便性のある支払い方法を導入

決済とは、ネットショッピングでの代金の支払い手続きのことで、ネットショップに決済は必要不可欠です。

主なネットショップの決済方法としては、以下のようなものがあります。

クレジットカード決済

ネットバンク決済

銀行振込

コンビニ決済

郵便振替

代金引換    等々


5.配送体制準備

梱包・封入~発送の必要な商品が多いネットショップや、ネットショップが大きくなってきたときに役立つのが発送代行のサービスです。

梱包・封入、発送、貸し倉庫や在庫管理、受注業務まで一括して引き受ける業者もあり、受注から発送までの時間を大幅に短縮できます。