決済代行会社のメリット
ホーム > 決済代行会社のメリット

決済代行会社のメリット

決済代行会社は、カード会社の加盟店になれないような小規模の事業者でも間に立ち独自のノウハウでカード決済の手続き等を一括して行います。

複数クレジット会社との導入手続きをすべて代行

事業者様がクレジット決済等を行うためには、カード会社や電子マネー運営会社等の審査を受けて加盟する必要があります。

しかも、全てのカードブランド(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners)決済手段を導入するためには、各ブランドごとにカード会社や運営会社と個別に契約する必要があります。
審査から契約まで、何社も並行して行うのは、店舗様にとって労力を要する大変な作業です。

決済代行会社を利用すれば、面倒な契約作業を代行してもらえますので、契約作業にかかる手間は大幅に減りますし、審査通過のノウハウを熟知している為、安心して任せられます。

売上を一元管理 経理処理の負担軽減

カード会社や電子マネー運営会社等と個別に契約した場合、売上確認や支払サイクルは各社でバラバラなものを管理しなくてはなりません。

決済代行会社を利用すれば、代行会社の提供するシステムにより、
一括で売上を管理することができます。
また近年では、各種電子マネーやコンビニ収納代行など、決済手段が多様化しています。

決済代行会社もそれに適応すべく、各決済手段のためにAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェイス)を用意し、事業者様で開発(外注開発)する必要のないマルチな決済代行業者が増えています。

システム接続の大幅コスト削減

オンラインでクレジット決済を行うためには、カードネットワークと接続するシステムを構築する必要があります。

事業者様が、直接カードネットワークに接続するためには、専門的な設備のほか、ハードウェア、ソフトウェアの構築が必要であり、数千万円単位の費用がかかってしまう事になります。

決済代行会社は、あらかじめ専門的な設備でセキュリティ用件に準拠しているシステムを持っていますので大幅なコスト削減を可能にします。

高度なセキュリティー対策

クレジットカードを扱うための高度なセキュリティ対策はコストがかかり、専門的な知識と技術力が必要で、個人では非常にハードルが高いものです。

そこで決済行会社は安心・安全なクレジット決済をしてもらうために、情報の悪用、漏えい、ハッキングのリスクなどの不正利用対策を十分に行っています。

独自の監視体制などを行っている代行会社もいます。

パートナーシップで販路拡大

決済代行会社は様々な事業者との接点を持っており、加盟店様にとって有益な情報を提供したり、パートナー企業の紹介なども行ってくれるサービスもあります。


 

■ まずはこちらからお問い合わせください! ■