様々な決済の種類
ホーム > 様々な決済の種類

様々な決済の種類

クレジットカード決済



クレジットカード決済の需要は高まっており、電子商取引の約60%がクレジット決済によって行われている程、人気が高い決済手段です。特にオンラインショップでは導入が必須の決済方法です。ユーザーがクレジットカード情報をオンライン上で入力し、24時間好きなタイミングで商品を購入することができます。

決済代行会社を利用してのクレジットカード決済を行う場合、大きく2種類があります。 日本国内のカード会社が決済処理を行うもの(国内決済)と海外の銀行が決済処理を行うもの(海外決済)です。

国内決済の特徴

加盟店審査の引受基準が厳しく、リスクが高いと判断される業種業態に関しては審査不可とされてしまいますが、その分 審査通過後は、比較的割安な手数料率でカード決済が利用可能となります。
分割払い、ボーナス払い等、支払い方法が多種多様であるもの特徴の一つです。

海外決済の特徴

加盟店審査の引受基準が臨機応変で、国内決済で審査不可とされた業種業態でも、引受できる事が多いですが、 その分審査通過後は、やや割高な手数料率となってしまう場合があります。基本的に分割払い等の概念がなく、 一括払いのみとなります。(分割払い希望のお客様には、後からリボ等のサービス依頼をカード会社にしていただきます。) 国内の代行会社に審査も委託されているケースも多い為、一般的に国内決算を取り扱う業者より、早期に導入できるのも 特徴の一つです。

電子マネー

EdyやBitCashなど事前に購入して使うので、使いすぎる心配がなく安心感があります。
またクレジットカードを持たない人でもオンライン決済ができるので、未成年、若年層などの新たなターゲット拡大に有効な決済方法です。 また数百円の小額決済にも向いており、交通機関やコンビニ等でも利用できることから、今後さらにオンラインでの利用者は増えて行く事が予想されます。

コンビニ決済



電子マネーやクレジットカードを持っていない方でも全国のコンビニ店で24時間365日気軽に利用でき、ユーザーにとって利便性と安心感で人気の決済方法です。
クレジットカードや電子マネーなどでの商品購入に抵抗がある方や女性などに人気のある決済方法です。

Pay-easy(ペイジー)



金融機関窓口やコンビニのレジに並ばなくても、ネットバンキングやモバイルバンキング、ATMから支払ができます。 税金や公共料金金の支払いに多く導入されている決済手段です。お客様が元々お持ちのネットバンキングを利用できることから、今後普及の広がりが期待されます。
 

月次課金



ユーザーは初回一回のみにクレジットカード決済の登録をし、その後、毎月や隔週にて自動で引き落としされます。 ショップ側も未回収額の軽減や、中途解約の機会損失の削減に有効です。情報配信サービスの会費、物品の定期配送などに多く利用されています。

銀行振り込み決済



アナログな決済手段ではありますが、オンラインでお客様からの入金確認~照合作業~サイトへの通知をシステムで行える機能を用意している決済代行会社があります。 加盟店様の振込み確認作業が軽減される為にサイトの負担や照合ミスを減らす事が可能です。

NP後払い



お客様の手元に商品が届いてから、コンビニや銀行でお支払いをします。 消費者の立場では、もっとも安心できる決済手段です。代金はネットプロテクションズから加盟店様へ立替払い。未回収リスクも同社が負担します。




 

■ まずはこちらからお問い合わせください! ■